【比較】ワールドワイドキッズ(WWK)とディズニー英語(DWE)どっちを選ぶ?

Pocket

しっぴー

娘と一緒におうち英語に取り組んでいるしっぴーです。

ブログにご訪問いただき、ありがとうございます!

子供の英語教材で有名なディズニー英語教材とワールドワイドキッズ。

どちらの教材を選ぼうか迷っている方も多いと思います。

今両方使っている我が家の感想を書きますので、よければ参考にしてみてください♪

⇒ ディズニー英語システムのHPはこちら

ディズニー英語システムとワールドワイドキッズどっちを選ぶ?

しっぴー
両方の教材を使っている私が感じた、メリットとデメリットです
ディズニー英語システム ワールドワイドキッズ
メリット ✅0歳から大人まで長く使える

✅会員になると継続するためのサポートが受けられる

✅子供が英語を話せるようになる仕組みが教材に組み込まれている

✅子供が楽しめる!!

✅登場してくる語彙数が多い

✅数、色、形の概念など知育要素も入っている

英語圏の様子が実写でDVDに登場する。社会勉強として役立つ

✅手が届きやすいお値段

 

 

デメリット ✅値段が高い!!

少しお勉強要素強め

✅子供が教材を見たがらないときがある。

✅英語を話せるようになるような仕組みが入っているわけではない

教材を選ぶときに、最終的な到達点はどれくらいにしたいのか?

将来子供がどのくらい、英語が話せるようになるのが理想なのか?

着地点をある程度決めておく必要はあると思います🙄

2つの教材の特徴概要

2つの教材がどのくらいのレベルの英語力を目指しているのか見ていきましょう!

  ディズニー英語システム ワールドワイドキッズ
対象年齢 0歳~大人まで使える

 

0歳~6歳

 

フルセットの
価格

963,360円

285,560円

目標とする
英語のレベル
・ネイティブの日常会話程度

・日本の英語教育の高校3年生レベルの文法

・外国のお友達と英語で遊べる程度

内容の特徴 ネイティブの日常会話に必要な構文を
覚えられるように作られている。

フォニックス、数、色など基本的知育要素を抑えつつ、キャラクターが登場したり、エンターテイメント性が高い。

 

しっぴー

私は、子供が将来海外で暮らたり、海外で仕事をしたいと思ったときに、

あきらめなくても良いレベルまで英語を身に着けてほしいなぁと思っています!

 

我が家がディズニー英語とワールドワイドキッズ両方使っている理由

シングアロングの本

しっぴー
毎日英語に触れつづけるために、色々な種類のコンテンツがあった方が飽きないからです

娘が0歳8カ月から、ディズニー英語システムを導入。

ワールドワイドキッズは2歳くらいからDVDと絵本を中古で導入しています。

それぞれに良さがあり、良いとこどりをして毎日の英語学習に役立てています。

ディズニー英語システムイヤイヤ期がきっかけ

しっぴー

ディズニー英語を使い始めて1年。

娘がディズニー英語システムの教材に、拒否反応を示すようになりました。

ディズニー英語イヤイヤ期が過ぎれば大丈夫!!という先輩ユーザーさんの話を聞いていたので、

ディズニー英語システムはイヤイヤ期が終わるまで封印しました。

代わりになる教材を探して、ワールドワイドキッズのDVD30巻を中古で購入しました。

絵本は中古市やメルカリなどで少しずつ集めました。

ディズニー英語のイヤイヤが起きた理由の分析

ディズニー英語ストレートプレイ

原因その①ディズニー英語教材ばかり、無理やり見せた

約90万円もしたディズニー英語システム。

毎日3時間以上は教材に触れられるように私も務めていました。

しっぴー
毎日ディズニー英語システムばかりでだんだん嫌気がさしていたようです(汗)

原因その②イヤイヤ期と重なっている

娘は1歳6か月くらいからイヤイヤ期が始まり、自我が強くなってきました。

ディズニー英語飽きたイヤ!!というのもこの時期なら当然かなと思います。

ワールドワイドキッズを導入して、娘の反応

ワールドワイドキッズ有料おためしキット

ワールドワイドキッズのDVDを毎日1本ずつローテして見せました。

娘は、すぐにワールドワイドキッズのキャラクターミミちゃんたちを気に入り、どんどん好きになっていきました。

ベネッセさんはやっぱり子供の心をつかむのがうまいなと感心しました。

ワールドワイドキッズのDVDからもセンテンスを吸収して、自分でも発語するようになりました。

ワールドワイドキッズを使って感じた良さ

感情が動くと子供はどんどん吸収する

ワールドワイドキッズの良さは何といっても、子供が楽しく見てくれるところです。

ワールドワイドキッズの英語は聞き取りやすく、難しくないので、小さな子供でも楽しく見ながら簡単なセンテンスを吸収できると思います。

リズムに乗って英語が流れてくる

ワールドワイドキッズ全編にわたって、バックミュージックにリズミカルな音楽が流れています。

うちの娘は音楽が大好きなので、ノリノリで見てくれた大きな理由の1つだと思います。

知育要素を網羅している点

ワールドワイドキッズ絵本

色、形、数字、様々な単語が登場するので、単語の種類の量で言うとワールドワイドキッズの方が多いです。

英語圏の家庭や学校街に繰り出したり、

英語で、色々なものを見たり聞いたりできるという知育的な面ではとても優れていると思います。

DVDの長さが30分、ちょうどよかった

保育園に行く前に娘の気分を上げるアイテムとして重宝しました。

朝の時間にワールドワイドキッズが流れていると大体ご機嫌になってくれます。

ディズニー英語システムイヤイヤ期を経て

しっぴー
現在、娘はディズニー英語システムもワールドワイドキッズも両方楽しく使って英語を学んでいます。

子供の興味は変化が激しい!!

ワールドワイドキッズなどの英語の媒体を繰り返し見ていたことで、英語の理解度が少しずつ上がっていました。

英語理解度が進んだ事で、ディズニー英語への興味も増したようです!!

やっぱりディズニー英語システムは結果にコミットしている!!

ディズニー英語システム教材

ディズニー英語システム、やはりこの教材はすごいという事。

子供が歌やDVDなどを繰り返し聞いてみていることで、自然と文法を身につけています。

自分の言葉で英語で話している娘を見ていると、教材の効果をまざまざと見せつけられます。

ディズニー英語とワールドワイドキッズそれぞれの良い点を利用する

ディズニー英語は英語を実際に話せるようことにフォーカスしている

ワールドワイドキッズは、英語を楽しむことにフォーカスしている

しっぴー

英語は楽しいというイメージから入って、

そのあとディズニー英語のような本格的な教材を使う作戦はおすすめです!!

最後までお読みくださり、ありがとうございました!!

⇒ ディズニー英語システムのHPはこちら

RelatedPost