子供の英語アプリLingokidsを無料で使う方法と有料版を使った感想

Pocket

オックスフォード大学出版がリリースしている幼児の英語学習アプリLingokids

7日間の有料版トライアルができるとのことで、試しに使ってみました。

我が家でいつも使っている楽天ABCマウスとも比べてみましたので、参考にご覧ください♪

スポンサーリンク

LingoKids有料版を使った感想

いつもは楽天ABCマウスをやっている2歳の娘。

Lingokidsのアプリ入れてからはずーっとハマってやっています。

私が感じた感想をあげていきます。

パンダさん、ブタさん、ロボットなど全体的なキャラクターのデザインがかわいく子供ウケする

全体的にイラストはこんな感じのかわいらしいテイストです。

うちの子供はこれに大喜びでした。

歯磨き、食事など生活に絡んだアクティビティをやりながら日常の表現も学べる

アプリが、歯磨きしよう!!食事の準備しよう!!とか話しかけてきてくれます。

アナウンスとアニメーションの指示に従って、アクティビィティをしていきます。

お皿を所定の位置に並べたり、歯ブラシで歯を磨いたり、石鹸をつけて手を洗ったり。。。。

身近な話題で英語が学べるのは良いな!!と思いました。

実写の先生が出てくる動画もある

実写の先生が登場する動画もあります。

英語スクールに通っている感じが体験できて良いですよね。

文字なぞりの時はなぞる前に矢印で書き方を視覚的に見せてくれるのが良い

文字なぞりって、子供は迷路みたいに本来の書き順とは違った方向に書いてしまいがちですよね。

このアプリでは、矢印が一度なぞっている図を見せてくれます。

なぞっているお手本を見た直後なので、子供も文字を書くイメージしやすいようでした。

文字が全く読めない子でもイラストのアイコンをタップして進められる

アクティビィティを選択する画面は上記の写真のようになっています。

【アクティビィティの内容例】
・神経衰弱

・日常生活のアクティビィティ
・動物のほしい数だけ果物を食べさせる
・文字なぞり
・歌やダンスの動画
・先生の動画  などなど

イラストのアイコンをタップして選択します。

アプリを開くたびにアイコンの位置は変わっているので、毎日飽きずに色々なアクティビィティに触れられるようになっています。

 

次は、このアプリケーションのコストパフォーマンスについて考えていきます。

スポンサーリンク

LingoKidsアプリの値段設定について

週1回英語の塾に行ったりするよりは断然コスパが良いといえます。

私は月2500円は高いかなぁと思っていたのですが、1年分まとめて支払うと急に割安になりますね。

3か月分支払い→月あたり 1766円

1年分支払い→月あたり 640円

英語アプリは無料・有料と様々ありますが、やっぱり有料のものはそれだけの価値があるなぁと感じます。。。。

LingoKids有料版を無料で使えるのは7日間

LingoKidsの有料版を無料で試せるのは7日間です。

無料期間内に下記の手順で有料版を解除すれば7日後に無料版に切り替わりますので、ぜひやってみてください。

↓ ↓ ↓

LingoKidsをトライアル期間中に無料に変更する方法(iphone ipad版)

ホーム画面→設定(歯車のマーク)をタップ

自分のIDをタップ


サブスクリプションをタップ

設定→自分のIDをタップ→サブスクリプションをタップ

アプリを選ぶ

アプリを見つけてタップ

金額のチェックマーク☑がついているところをタップ

サブスクリプションをキャンセルするをタップ

チェックマークがついている列をタップ→サブスクリプションをキャンセルするをタップ


完成!!(有料版にに戻したいときはもう一度チェックを入れなおしてください)

チェックマークが消え、無料版に変換完了(※最初の7日間のトライアルは残る)

 

7日間のお試し期間が過ぎた後に、無料版になります。

3種類のゲームを楽しめるアプリになるようです。

無料版でも十分。という方もいると思います。

もし、Androidでアプリを使う方は下記の手順でやってみてください。

「Playストア」のアプリを開く

左上の「三」をタップ

「定期購入」をタップ

Lingokidsを選択し、定期購入を解約

LingoKidsは楽天ABCマウスと比較してどうか?

楽天ABCマウスと比べて結論から言うと、Lingokidsの方が小さい子供向けかなと感じました。

取り組み方法が分からなくても、ガイドが分かりやすく負荷がなく楽しめます。

【Lingokidsのメリット】
・操作がシンプル、小さな子供が取り組みやすい
・キャラクターがかわいく親しみやすい
・アプリが色々話しかけてくれるので、自然と表現を覚えられる。

【Lingokidsのデメリット】
・アクティビィティアイコンがランダムに出てくる。アクティビィティの種類を選びづらい
・画面上に視覚的に出てくる文字の量は少なめかな?(リスニング重視?)
・フォニックス要素は少ないようだ

Lingokidsはアニメーションが動いてお手本を見せてくれたり、ヒントを出してくれるところが分かりやすく良いと思いました。

Lingokidsの保護者のページで学習履歴が見られる

学習した時間と学んだ内容・語彙を細かく見ることができます。

アプリの方が勝手に学習目標を設定してくれているようです。

ゲームで遊んでいるようで、実は結構学んでいるのだなぁと感じることができます。

保護者ページの入り方は、保護者というボタンをクリックして、

その時出てきた数字のパスワードを入力すればOKです。

学んだ単語や語彙を日常の生活でや絵本に出てきたときに親が使って見せてあげるとグンと定着率がUPします。

うちも娘が夢中になってやっているので、年間契約しようかとても迷っています。。。

まだLingokidsの体験をしていない方はもったいないので、ぜひトライしてみてください♪

お読みいただき、ありがとうございました!

我が家で今使っている英語学習アプリ「楽天ABCマウス」についてのレビューもぜひご覧ください♪

↓ ↓ ↓

ゼロから始めた☆バイリンガル育児
ゼロから始めた☆バイリンガル育児
https://www.mwhmwh.com/english/rakutenabcmouse/
英語・知育・子育てのこと

RelatedPost