【シングアロングとストレートプレイの違い】どっちが良いの?比較してみよう。

Pocket


ブログに訪問していただき、ありがとうございます♪
ディズニー英語システムやワールドワイドキッズなどを使って家で英語育児をしているしっぴーです。

ディズニー英語システムのシングアロングとストレートプレイはどんな違いがあるの?

どんな風に使う教材なのか、具体的に説明しますのでぜひ読んでみてください!

⇒ ディズニー英語システム無料サンプルを見たい方はこちら

シングアロングとストレートプレイどっちが良いの?

ディズニー英語システムが初めてなら、シングアロングがおすすめ!!
英語の基礎があるお子さんはストレートプレイを見ても楽しめます。

なぜシングアロングから始めるのかというと、

シングアロングの歌の基礎の上に、ストレートプレイのお話が成り立っているからです。

内容にはどんな違いがあるか見ていきましょう。

はじめはストレートプレイよりもシングアロングがおすすめな理由

・子供はお話よりも歌の方が覚えやすい!
・ストレートプレイをいきなり見て内容が分からないとストレスなるかも!
・ストレートプレイは1本1本が長い!!

お話でいきなり覚えるよりも歌でメロディーに乗せて覚えた方が覚えやすいですね

それと、ストレートプレイは1本1本が長く、見るのには集中力や英語の理解力があった方が良いです。

小さなお子様に導入するのであれば、シングアロングからがおすすめです。

シングアロングとストレートプレイの内容の違い

シングアロングの歌には英語の基礎となる構文が入っています
ストレートプレイは、アニメーションやナレーションで英語の概念の意味づけするインプットの教材です

シングアロングでは、歌を何度も聴いて暗記します。

シングアロングを覚えた上でストレートプレイを見ると理解が早い!!

でも、シングアロングをやっていないとストレートプレイは使えないということではありません。

例えば、日本語のニュースを毎日見ている子供は、大人になると自然に内容を理解できるようになりますよね。

ストレートプレイも同じで子供は何度も見ていくうちに次第に理解していくようになります。

⇒ ディズニー英語システム無料サンプルを見る

シングアロングとストレートプレイどっちの方がディズニーキャラクターがでてくるか?

ストレートプレイの方が、ディズニーキャラクターが多く出てきます。

2019年4月リニューアル版ブルーレイでは新しいディズニーキャラクターの動画が大量に投入されました。

ディズニーキャラクターが好きな方はストレートプレイを見ると楽しいかもしれませんね!

シングアロングとストレートプレイの使い方の違い

シングアロングは親子で歌を一緒に歌って楽しもう♪


歌を覚えて余裕が出てきたら、シングアロングの歌を日常生活の中に取り入れることをお勧めします。

例えば、お出かけするときにピクニックの歌を歌うとか、新しいお友達に会いに行く前に、自己紹介の歌を歌ったりします。

歌に出てくる構文を使っておままごとしてあげたり、構文の単語を入れ替えて使ってみると格段に定着率がアップします。

親も歌で覚えた方が圧倒的に覚えやすいです!!

ストレートプレイはお話の質問に答えたり、アニメ実況したりして覚えよう

ワールドファミリー公式HPより

ストレートプレイはアニメの短いお話をナレーションが状況を解説してくれたり、質問してきたりします。

お話の進行と一緒に英語で説明してみたのり、質問に答えながら見ることで、アウトプットの力も鍛えられていきます。

英語を口に出して言いながら親子で見るのがおすすめです。

シングアロングは旧版と新版どちらが良い?

ディズニー英語システム2019年リニューアル版で削除されているCome One Come All

まずは中古教材でお試ししてみたいという方は旧版を購入しても英語の学習には支障はないと感じます。

2019年4月の教材リニューアルでは、映像やイラストが一気に今風になり見やすく、聴きやすくなっています。

一部曲目の変更もありますが、内容は基本的には同じものになります。

細かい変更点については下記の記事をご覧ください♪
↓  ↓  ↓

ただし、ストレートプレイでは少し事情が違ってきます。

ストレートプレイは旧版と新版どちらが良い?

これから購入する方には、新版が断然おすすめ!

ストレートプレイは2019年4月以降、映像の大幅改定がありました。

それまではディズニーの古いアニメーションが大半を占めていて、映像が古臭いと評判になっていたためだと思います。

我が家は、旧版を使用して今のところ不都合はありませんが、子供の目を引くのは新版だと思います。

シングアロングとストレートプレイ教材の中身の違い

次に教材のセットの中身について違いを解説していきます。

教材名 シングアロング ストレートプレイ
DVD・ブルーレイ

(※2019 年4月以降はブルーレイ)

ブルー
(1,2,3)
グリーン
(4,5,6)
ライム
(7,8,9)
イエロー
(10,11,12)
ブルー
(1,2,3)
グリーン
(4,5,6)
ライム
(7,8,9)
イエロー
(10,11,12
CD ・Song Version
4枚・Sporken(朗読) Version
4枚※ブルー、グリーン、ライム、イエロー各色別に1枚ずつ
※メインプログラム
Story and Songsと連動
絵本 Song Book
色別に4冊
※メインプログラムに入っている12冊のBooksと連動
その他 ガイドブック
ポスター
ミッキー型抜き絵本
キャラクターカード
プログレスシール
ガイドブック

上記の表を見てわかるように、ストレートプレイはメインプログラムと連動した内容になっています。

 

シングアロングストレートプレイメインプログラムの順で進んでいくように作られています。

※メインプログラムはストレートプレイとはまた別の教材です。

 

シングアロングCDの朗読バージョンについて

ディズニー英語・シングアロングCD通常版とスポークンバージョン

シングアロングCDはsongバージョンとspoken(朗読)バージョンのCDがあります。

CD1(ブルーの歌)
CD2(グリーンの歌)
CD3(ライムの歌)
CD4(イエローの歌)

シングアロングCDのsongバージョンとspokenバージョンの違い

songバージョン

DVDと同じ音源

spokenバージョン

歌詞の朗読

朗読バージョンの時は、該当する曲のバックミュージックが入っています。

曲を聴くのが飽きたときに朗読バージョンを聞くことでインプットが強固になります。

シングアロングCDのみで良い?

CDだけ買うのはおすすめしない!DVDの方を買おう

シングアロングを耳で聴いて覚えただけで、内容を映像で見たことがなければ意味がないからです。

DVDをプレイヤーやipadで音だけ流して画面を隠して見せないようにすることは出来ますよ!!

シングアロング絵本は必要なの?

シングアロングの絵本

歌詞全体を比較しながら見たい時に、絵本が必要になる!!
絵本もあった方が良いです。

映像字幕でも見られるのですが、その歌が流れている時しか見られないのですよね。

始めはDVDだけでも良いかもしれませんが、お子さんがある程度文字を読めるようになってきたときには絵本が欲しくなると思います。

シングアロングポスターは必要か?

ディズニー英語・シングアロングポスター

無いよりはあった方が良い!!
我が家では1歳の指差しの時期にポスターが大活躍していました♪

シングアロングポスターは4枚のポスターになっています。

2019年の新バージョンではマジックペンが単語を読み上げる機能がついています。

私のポスターは読み上げ機能はついていなかったのですが、Maiyapenという音声ペンに音をインストールして読み上げられるようにしました。

ディズニー英語システム シングアロングポスターをMaiyapenで音声化

シングアロングストレートプレイの前にプレイアロングもある

シングアロングとプレイアロングは対象年齢が一応3歳以上となっています。

0歳~3歳までのお子さんにプレイアロングという教材があります。

ディズニー英語システム・プレイアロング

小さなお子さんに教材を導入する方はプレイアロングもまずは検討してみてくださいね♪

ディズニー英語システムの場合、英語の育児を長年にわたって続けていくことを決心しているのであれは、バラバラに教材を買わず、一括購入した方が後々安上がりであるということはお伝えしておきたいと思います。

最後までお読みくださりありがとうございました。

⇒ ディズニー英語システム無料サンプルを見る